『阿武隈梁山泊外伝』


『裸のフクシマ』(講談社刊)の続編ともいうべき実録。阿武隈は3.11前から破壊が進んでいた。
夢や生き甲斐を求めて阿武隈の地へ棲みついた人たちがどのように原発爆発までを過ごし、その後、どのように生きることを決断していったか。
なかなか書けなかった赤裸々な実話、エピソードを時系列で綴った記録。


著者:たくき よしみつ  A5判136ページ 平綴じ オンデマンド製本
 価格:1000円(税別)。送料220円(何冊でも)

クレジットカード支払いは↓

冊数を選んでご購入ボタンを押してください。
冊数



銀行振込をご希望のかたはこちら⇒別ページから

他の書籍と同時にご注文の場合は⇒こちらからお願いいたします


SSL グローバルサインのサイトシール
このページはグローバルサインによりSSL認証済みです
のぼみ~日記目次へ