WEBサイトのSSL化について

2018年2月、Googleは「WEBブラウザChromeは、2018年7月に出すバージョン68から、https//:ではない(SSL接続されない)WEBサイトすべてに「not secure(保護されていません)と表示させる」と発表し、実際、現在ではそうなっています。



イーネットのサイトは数年前から有料のGMO社発行SSL証明書をつけてSSL化していますので、https://enet.cc/ 以下すべてのページでこのように↑「保護されています」と表示されます



錠前アイコンをクリックすると、さらにこのように↑表示されます



しかし、敢えてhttps:// ではなく、従来の http:// を指定して接続すると、CHROMEではこのように↑表示されてしまいます



iのマークをクリックすると、さらにこのように↑警告が出ます

SSL化するためには

WEBサイトをSSL化するためには、まず「SSL証明書」というものを購入してWEBサイトに組み込まなければなりません。しかし、SSL証明書は非常に高額です。
日本国内でシェアトップであるGMOのSSL証明書ですと、最高グレードのEV SSL(EV認証)証明書は年間12万8000円(税別)、企業用の一般SSL証明書(企業認証SSL=企業実在認証)が5万9800円/年(税別)、最も安価なクイック認証SSL(ドメイン認証のみ)が3万4800円/年(税別)となっています。
しかも、これはSSL証明書の発行のみの値段(原価)であり、それをWEBサーバーに組み込むには別途、作業が必要となり、作業費用などもかかります。また、SSL証明書を簡単に組み込めないWEBサーバーもありますので、場合によってはサーバーの引っ越し(新サーバーへの移転)が必要になり、現在使っているメールアドレスの設定などがすべてやり直しになることがあります。
これらの事情を鑑み、イーネットでは、現在、WEBサイト管理契約をされているお客様に対しては、次のような段階別の対策をご提案します。

ご予算や今後のWEBサイト運営の方針などを踏まえて、どのように対処されるかをご検討くださいますよう、お願い申し上げます。

★【重要】★ レンタルサーバーとして、現在、お客様ご自身がWEBサイトの管理をされている場合は、単純にドメインをSSL化しただけでは「保護されています」表示にならないことがあります。htmlソースの中に http:// で始まるサイトへのリンクが含まれていたり、 http:// で始まる画像を表示させていたりすると、それだけでWEBブラウザが「安全ではない」と判断するためです。
レンタルサーバー契約のお客様(htmlやCGIをご自分でカスタマイズし、設置しているお客様)に対しては、そこまでのレベルでのサポートはできませんことをご承知おきください。

イーネットコーポレーション
イーネットコーポレーション
SSL グローバルサインのサイトシール

TOP トラブルFAQ 全般的Q&A 変更申請 規約