TOP 規約 コース案内 申込 Q&A 振込通知 変更 レンタルサーバー STドメイン

解約及びレジストラ移転申請フォーム



レジストラ移転の手順:
1)このページの下のフォームにて、新Adminメールアドレス(手続きを確実に完了できるかたのアドレスにしてください)を記述し、イーネットコーポレーションに解約申請する。DNS変更が必要な場合は事前に済ませておく
   ↓
2)イーネットから、折り返し、Auth Codeを記したメールが送られるので、それをもって移転先レジストラ側で移転申請をする。また、ORGドメインのように管理者アドレスが変更されると自動的に発行済みにAuth Codeが無効化するケースでは、所有者・管理者情報の変更承認手続きが必要になるので、その承認手続きを行う(詳細は⇒こちら)
   ↓
3)スタンダードコースの場合、http://transfer-approval.com/t.asp?id=〜〜〜 というリンクの記述がある英文メールが届くので、そこにアクセスして、「I Approve」(認めます)をチェックし、Submitボタンを押す。
ベーシックコースの場合、https://www.onlinenic.com/english/transfer/transfer_out.php?s_id=〜〜〜 というリンクの記述と、認証パスワードを記した英文メールが届くので、パスワードを入力して認証する
   ↓
4)移転先レジストラ側から移転が完了した旨の通知が来るので、新しい管理画面にて各Contact情報を正しく書き換える(ほとんどの場合、以前のContact情報が正しく引き継がれておらず、行割などがでたらめになっていますので、新レジストラ側の管理画面での修正が必要です)

※概ね上記の通りですが、移転先のレジストラや再販業者によって、あるいはレジストラの仕様変更などによって、若干、手順が違ってくる場合もあります。
※ちなみに、ICANNが公認する一次レジストラは⇒こちらに一覧がありますが、イーネットコーポレーションが起業した1999年時点では、日本国内の一次レジストラはGMOとPSIの2社しかありませんでした。現在でも、一次レジストラ以外の業者はどんな大手であっても、国内外の一次レジストラの代理店として業務を行っていることになります。一次レジストラの多くは自社で直接登録する場合の価格は高めに設定しており、契約業者に安価に再販しています。
イーネットコーポレーションは、一次レジストラであるeNom、OnlineNIC、Gandiなどと契約を結んでいる正式代理店です(現在は、新規ドメインはすべてeNomで取得・管理しています。また、過去においてOnlineNIC、Gandiで取得・管理しているドメインも、更新の際に極力eNomに移転しています)。ICANNが直接管轄していない国・地域別ドメインに対しては、例えば、STドメインのnic.st(スウェーデンにあるBarnhofという企業)とは、日本で最初に正式代理店契約を結んでいます。

以下のフォームにご記入の上、送信してください

は必須項目です。
●解約・移転させるドメイン名(記入例:abc.com)
. (.STなどの国・地域別ドメインはレジストラが限定されているため移転できません)
●移転を申請するかたのお名前(ドメインの所有者名)


●移転申請を代行するかたのお名前


●連絡用メールアドレス(このメールアドレスに返信が届きます)


●新Adminメールアドレス(Registrant、Admin、Techのメールアドレスをすべてこのメールアドレスに書き換えます。ご記入なき場合は、上記「連絡用メールアドレス」に書き換えます。新Adminメールアドレスはドメインの管理に使われます。ドメイン管理や英語に熟知したかた、あるいは専門業者のものを指定してください。また、spamフィルタなどを解除し、欧文メールが確実に受け取れる状態にしておいてください)


●Enetが発行した会員パスワード(登録時にイーネットが発行したID。または初期設定時の管理パスワード。未記入の場合は正当なドメイン所有者と認められません)


●移転するドメインの次回更新期限

(02/10/18 のように記入してください。それも分からない場合は「不明」と記入してください。
期限切れ間近のドメインは移転できないことがあります。また、期限が来てサスペンド状態にあるドメインは移転できません。その場合は、Enetを通じて現在のレジストラで一旦契約更新してから3か月経過後に再度このページから解約申請してください。完全に失効して再び自由市場に出るのを待って再取得しようとしても、完全失効の時期は特定できません。更新せずに放置しても、レジストラホールドがかかって、1年間開放されないケースや、他業者が仮押さえして元の所有者に高く売りつけようとするケースがあります。
●移転先レジストラはどこですか?
VeriSign(旧Network Solutions Inc.)
GMO
OpenSRS(TuCows)グループ
MelborneIT
eNom
OnlineNIC
Gandi
その他
業者に任せたので分からない


←宣誓及び申請確認(必ずチェックを入れてください)
以上、未清算金はなく、期限切れまで30日以上あります。解約の確認メールを受け取った後、私、あるいは私が依頼した業者が新たなレジストラにて手続きをします。この解約申請後は、このドメインにおける管理責任はすべて私、あるいは私が依頼した業者が負います。

スパム送信防止のため、次の欄に「イーネット」と記入してください。
キーワード:  ←内容ご確認後、押してください。

確認画面が出ますので、再度、送信ボタンを押して
ください。


 HOMEへHOMEへ
2015/02/24 version 3.1